ページビューの合計

2017年4月17日月曜日

やまねこ通信377号:丸岡秀子が語る、憲法が「希望のバイブル」だった頃

@@@やまねこ通信377号@@@
丸岡秀子が語る、憲法が「希望のバイブル」だった頃

やまねこの仲間たち、ちの男女共生ネットは4月
22日(土)茅野市ひとまちプラザ1Fで勉強会を
開く。「私の好きな憲法」のテーマ。

目下、何人もの方々が、400字作文と5分トーク
の作成に努めておられる最中。今思うこと、短くて
もいいんです、寸鉄の言葉を繰り出してくださいね。

▲東アジア情勢不安定の中、ミサイルが隣国から発
せられる懸念を抱えて、この国の政府はそれを潮時
にするかのように、戦争を準備する法案、テロ等準
備罪など、審議は形式ばかり、国民への説明を軽視
してどしどし通そうとしている。

この中、子どもを育てているママたち、パパたちは、
いったい何を思うのだろう?
率直な気持ちを語ってくださいね!!

こり:お願いします。みなさん・・・

▲やまねこは丸岡秀子が憲法について幾度も語った
ことが気になっている。丸岡秀子は信州臼田の生ま
れ。農村女性の実態調査の研究、『日本農村婦人問
題』を1937年34歳で刊行。戦後は女性の問題、
民主教育、農村の民主化について多数の著作を発表
した。母親大会の主催者のひとりでもあった。

自伝小説『ひとすじの道』が広く読まれた。
ちの男女共生ネットの発会の折、その映画版『映画
・ひとすじの道』を上映し、討論した。これが第1
回の勉強会であった。丸岡秀子は、ちの男女共生ネ
ットの産みの母、ロールモデルである。

▲下諏訪図書館は丸岡秀子の本を多数所蔵している。
2階の閉架に丸岡秀子評論集があった。カウンター
で受け取って閲覧室に。

窓際の細長いテーブルに6冊積み上げ、次々流し読
み。広々して何もないテーブルだと仕事の捗りが早い。
2冊を借り出すことにした。

第1巻『いのちへの責任』第4巻『独りを怖れず』の
2冊。どちらも初出が60年70年代の文章を集めた
ものである。

こり:そろそろ本題に入って欲しいよ。

▲了解。
それでは、ちの男女共生ネットの産みの母丸岡秀子に、
戦後の憲法がどんなに素晴らしい「希望のバイブル」
だったかを、語ってもらうことにしよう。

「何を頼りに生きるか」
「原理や価値観の多様化が、よくいわれるようになっ
た。状況にからんで、とくに国際情勢の変転の激しさ
のためもあるのだろうが、もやや、これまでの単一の
原理や価値観では理解できないというものが、その根
底にあるように思われる。
(中略)

「だが、いくら多様化といっても、たとえば家制度の
もとでの価値観と、人権社会での価値観を等位におい
て肯定するわけにはゆかない。いわゆるタテ社会での
原理と、ヨコ社会の原理を、多様化肯定のもとで、一
緒に肯定するわけにはゆかないと思う。
(中略)

「いま、いろいろな会合に出て、若い主婦y母親たちと
話し合ってみるとき、わたしに、するどく迫る何もの
かがある。それは、人間としてどう生きるか、生きな
ければならないか、という問題である。

 するとわたしは昭和20年から、3、4年のあいだ
の状況を思い出す。ことに昭和23年11月は、米穀
類の配給が、全国平均で、28日間という最高遅配を
記録し、砂糖の配給が、なんと20日間分あった。そ
れを背負って、さつま芋との交換に出歩いたものだった。

 小学生の息子のおべんとう箱は、高粱のおだんごだ
ったことも忘れていない。どこの子も「母さん、おな
かがすいたよう」と、よく泣いたものだった。

「戦後といっても、生活はまだ戦時中との連続であっ
たが、しかし半面、精神の高揚があった。いうまでも
なく、新憲法、平和憲法があった。みんながこの旗を
高く掲げて生き生きとした表情を一つにした。

 それは、そのはずである。物的資源であったこれま
での人間の生命が、一人ひとりのかけがえのない生命
として回復し、また、その平等が保証されたからだった。

 これこそ、敗戦後の日本人が生きる上での、新しい
価値基準であり、希望のバイブルだったからである。
当時、現役の母親だったわたしたちは、この新憲法11
章、103条をむさぼるように読んだものだった。

家庭で、地域で、これらの条章を具体的に生活の中
に根付かせることこそ、“お腹がすいたよう”
と泣きながらこらえて育った子どもたちに対する大人
の責任と考えたからだった。(以上)
(初出:1978年8月8日「四国新聞」掲載)

▲以上、丸岡秀子の評論を引用しました。
戦争が終わっても人々の暮らしは厳しかった。けれど
人々には希望があった。それが憲法だった。

これほどにも輝かしい「希望のバイブル」だった憲法。
ところが、70年後の今日では、暮らしから遠いもの
と思われ、忘れられている。
この頃、「お腹がすいたよう」と泣きながら育った子
どもたちは豊かな社会の担い手となり今では80代を
迎えている。

この文章が書かれてから約40年後の今、格差社会が
進み、子どもの貧困が厳しさを増して、「お腹がすい
たよう」と訴えることもできない子どもたちが増えて
いることが語られる。

そこに生きる大人たちは、憲法に定められた基本的人
権で自分が守られていることに気づいているだろうか?
男女平等、議会民主主義は、戦後の日本国憲法がもた
らしたものであることに気づいているだろうか?

こり:「希望のバイブル」だったのか。憲法が!こん
なことを語りあう勉強会になるといいね!
みなさん、お疲れ様でした。


こりでした。

うらおもて・やまねこでした。

2017年4月4日火曜日

やまねこ通信376号:水野スウさんが教育勅語について語る、「変だな」と思ったら口に出そう、広がってゆく女たちの輪・・・

@@@やまねこ通信376号@@@

水野スウさんが教育勅語について語る、「変だな」と思ったら口に出そう、広がってゆく女たちの輪・・・

水野スウさんは『わたしとあなたのけんぽうBook
を書いた。
「紅茶の時間」という名の版元から2015年に出
た600円の本。

スウさんのこの本が、女たちの間で静かに読みつが
れていることは岡谷の恵子さんから知らされた。

スウさんは、石川県津幡という町で、自宅にカフェ
を開いている。そのわけは・・・

「今の安倍政権になってから心がザワザワすること
があまりに多くて、知りたいことがいっぱいありす
ぎて、平日の午後でたとえ人がそう集まらなくても
いい、来れる人とだけでも、これをみたい、聞きた
い、語り合いたい、切実にそう思う日が増えてきた
からです」。

これは同感だね~。
こう思うとき、FBに投稿したりすることの多いやま
ねこだが。

週一くらいで集まれる人が語り合える場所。うらや
ましいような話である。

こり:やまねこたちも、今、読書会を開いてるでしょ。

そこでスウさんは、安倍政権下で進められてゆく、
集団的自衛権、積極的平和主義、特定秘密保護法など
について、仲間と語り合い、じっくり考えていった。

▲「わたしの12条宣言」
憲法12条
「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の
不断の努力によって、これを保持しなければならない」

スウさんはこの12条に注目します。

「私たちの自由や権利は、ほかから奪われたりおかさ
れたりしないもの。だけども、そう書いてあるからと
いって、憲法にまかせっきり、ってわけに、実はいか
ないんだ。

そもそも憲法は、国という権力を縛るためにつくられ
たもの。縛られる側は、それが不自由だから、なんと
かそれをゆるめようと、たえずチャンスをさぐっている。

だからこそ、私たちは国がすることを、いつだってちゃ
んとよく見張ってなきゃいけない。国が私たちの権利
をないがしろにする時、おかしなことをしようとした時、
はっきり声に出して、おかしい、いやです、って意思表
示しなきゃなんない。国と私たちの、おしくらまんじゅ
うが必要なんだ。

このようにすることで、私たちの自由や権利は、はじめ
てやっとこ保たれる。不断の努力を普段からする、って
ことが、きっと12条の本質なんだ」。

スウさんの思索する力がじっくり伝わります。
憲法を読み自分の言葉でしっかり考え、仲間と対話をし
てゆくと見えてくるものがある。
このことに女たちが気づきました。

12条の力がさらにさらに多くの女たちに伝わったら、
この国は今のままでは済まない。

イデオロギーの声高な叫びとは程遠いところでの、静か
な集まりと語りと思索。この姿勢にやまねこは大きな感
銘を受けました。

昨年、10月の勉強会「保育園問題」の時、水野スウさ
んの本をめぐって、「憲法の報告」とチラシに書いた。

するとママたちが「よし、参加しよう」と思ってくれた
のだ。
こんな話をかほりさんから聞いた。

このスウさんが、教育勅語を容認する勢力の不気味さに
ついて語っています。

塩尻の裕美さんは、昨年の参院選の選挙活動の中出会った
頼もしい仲間。裕美さんが、今朝FBに、水野スウさんの文
章を投稿しました。

「教育勅語を、道徳の教材としてつかうことまで否定す
るものではない、と、閣議決定した内閣の答弁書。

親孝行とか兄弟仲良くとか、いいこともいってるではない
か、と菅官房長官が答えていた。

いやいや、そういうことなら、教育勅語をつかわなくても
教えられるでしょ。
木じゃなくて、森をみなくちゃ。...

教育勅語のいちばんの本質は、いったんことあらばすすん
でその身を天皇の為に捧げよ、です。

日清戦争の年に生まれた父。その4年前に明治憲法と教育
勅語がだされている。

だからこそ、20歳の徴兵検査で丙となり、兵役免除を非
常に屈辱的に感じた父がいたのです。

明治政府のここんとこの英訳がすごくわかりやすい。
should emergency arise, offer yourselves courageously
 to the State.
(緊急の一大事が起きた時は、勇気をもって、あなた自身
の身をこの国に差しだすべし)

ここを隠して、親孝行のとこだけ示すのは、ずるいやりか
たです。

そして、これは、教育勅語による教育をよし、とする人た
ちが、今現在、いっぱいいることのあらわれです。

だからこそ、その人たちが応援して、森友学園があそこま
でいけた。
豊中市議さんが追求しなかったら、もうあの小学校は開校
していた。

政府が閣議決定することで、だんだんこれに慣らされて行
くのが恐ろしい。

道徳の教科で子どものこころに点数をつけ、学校で銃刀の
使い方を教えようとする、これからの教育。

「美しい日本の憲法」というDVDの一部を見た時、あきらか
にそれは、明治憲法の精神を取り戻そう、といってるのだ
と感じました。

今、この国は、そこへ向かおうとしているのですか。

今、幼いお孫さんをもっているおじいちゃん、おばあちゃん。
これは、お孫さん達の未来に関わることだと思います」。

以上がスウさんの投稿でした。

▲森友学園、教育勅語、日本会議、「美しい日本の憲法」・・・

このことを容認する人々が増えている。その中で、
孫たちが育てられてゆくとしたら・・・

おかしいと思ったら、声に出そう。仲間と語り合おう。
こんな女たちが増えるといいね!
さらに多くの女たちに伝わったら、この国は今のままでは
済まない。

こり:スウさんの文章は、日常的な言葉だから、抵抗なく
心に伝わるんだね。女たちの見えないネットワークを信頼
しようと思ったね。

女が変われば社会が変わる!

やまねこの仲間も、そうだね。


こりでした。
うらおもて・やまねこでした。



やまねこ通信375号:憲法こそは女たちの身方、ジェンダー差別に女たちが気づいてない!

@@@やまねこ通信375号@@@

ジェンダー差別に女たちが気づいてない、でも
女たちを守ってくれるのは憲法なんだ!

4月22日に開催する勉強会「わたしの好きな憲
法」について、ちの男女共生ネットのメンバーと
様々な議論をしている。

「憲法は難しくて日常生活と結びつかない」。
こんな声が多い。

▲その中、一通のメールが飛び込んでくる。憲法
勉強会についてのメールらしいぞ。
子育てしながらママたちと一緒に活動している女
性から。

「私や私の周りの多くの人が受けてきた教育の中
で、憲法について触れることもありました。でも、
それは自分の生活にかかわるものではなく、年号
や起こったことを暗記するため、試験のための勉
強でしかなく、社会に出た後、数学の難しい公式
と同じように、忘れ去られていたものです」。

なるほどね~。憲法について学校で学んだ知識は、
暮らしと何ら関係のないもの。数学の公式と同様
に試験の前だけ丸暗記。次の日には忘れるものだ
ったんだね。

こり:興味がないのに覚えなくてはならない。そ
んな知識はすぐに忘れるよね。学校で学ぶ知識は
要らないものだってあるよ。

▲でも憲法の知識は要らないものだったのかしら?

「ところが、多くのママたちが、口々に愚痴るさ
まざまなことが、潜在的なジェンダー差別による
ものだと気づく人は少ないのです」。
そして、憲法を改めて読んだとき、その中にはち
ゃんと私たちのことも書いてあると気づけたのです。

学生時代に少しだけ触れて、まったく自分のこと
だと思っていなかったものが、長い不遇の時間を
経て(おおげさですが笑)やっと自分のことだと
思えるようになりました」。

憲法とジェンダーが結びついたんだね!!

「日々の子育てや家庭のことや仕事で忙しいママた
ちは、難しいことを考える気持ちの余裕がありま
せん。でも、わかりやすく楽しい時間の中で、憲
法を見たときにハッとしたんです」。

さらに、
「日常の中に埋もれたジェンダー差別は、女性自
身も気づかないところで、自分をも差別している
と感じます」。

その通りなんだよね。ジェンダー差別に女たちが
気づいてないんだ・・・

「多くの悩みを抱えたママたちが、苦しい気持ち
を共有し合い、支え合って、「私自身もありのま
までいいんだ」と思えた時にやっと救われていく
姿を見てきましたが、それを根底から支えるもの
が、憲法だったんですよね」。

女たちが受けているジェンダー差別を救ってく
る大きな身方が憲法だった!!

「その憲法が変えられてしまうということも、ニ
ュースを見ても遠い世界の話に思えていましたが、
身近な自分に関わるものだと実感しました」。


最後に、
「男女共生ネットでの憲法の勉強会は大賛成です。
そこから、もっと広くママたち、女性たちに広がっ
ていくといいなあと思います。

不満をどこかに訴えていくより、憲法を学んで、
自分の権利をきちんと知って行動することが、日
常の苦しみを解決していく力になると思います。
今後もよろしくお願いします]


▲ほう!スゴイメールだった。憲法とジェンダー
がひとつになった。ジェンダー差別は憲法が許さ
ない。憲法こそ、女たちの身方なんだ。

このことに気づいて、この女性は大きな飛躍を遂
げたのだ。

フー、ため息がでるよね。

こり:珈琲でも呑もうよ・・・

やまねこ通信371号:「ジェンダー差別撤廃が目
的の団体が、どうして憲法勉強会するのよ?」

これを読んで理解した。でも相当頑張らないと読め
なかったぞ。
こんな声が寄せられる中、読んでくださったみなさ
ん、ありがとうございます。

ジェンダー差別を撤廃してゆく何より強い身方が憲
法なんだ!
その憲法が改悪の危機にさらされてるんだ!

このメールを寄せてくださったかほりさん、どうも
ありがとう!

こり:やまねこ通信、たまには役に立つんだね!
      珈琲うまいね。
   あ、やまねこ涙ぐんでる・・・

こりでした。
うらおもて・やまねこでした。